スケッチレイヤー概要

 

 

スケッチレイヤー_システムのご案内


 当社から新たな自治体ソリューションをご提案いたします。新規導入システムとして、既存システムの統合システムとしてお使いいただけます。今後も順次道路、固定、上下水道等 の各システムをリリースいたします。また、WEBGISのご提案もいたします。

 

 

統合型GISとは

 

 政府が進めてきた電子自治体実現の為に、GIS(地図情報システム)の導入が進んでいます。自治体がGISを導入する場合、関連部署がそれぞれに導入するのではなく、全庁的な地図情報システムとして「統合型」という言葉が用いられています。

●具体的に「統合型GIS」とは
 自治体で地図情報を扱う部署として、固定資産税課、上下水道課、農地課、道路課などがありますが、それぞれの部署が別々のGISシステムを導入した場合、導入コストの増大、情報共有の不可、異なる操作性となり導入メリット が半減します。
 そこで、全庁的に使えるシステムとして、「統合型GIS」が必要となります。当社の「統合型GIS」は、関連部署が独自の情報を管理でき、その情報を全職員で共有する事が可能なシステムです。また、インターネットを利用して住民のかたへの情報公開も可能となります。

 

 

 

 

スケッチレイヤー_システムのイメージ

 

スケッチレイヤー基本システム

 

基本システムを各担当部署で参照することができ、情報の共有化が実現できます。

※上記はイメージ図になります。実際と異なる場合がありますので御了承下さい。

 

  sketchlayer基本システム

  ・ 背景情報①(航空写真、DM、都市計画図)
  ・ 背景情報②(地番図、家屋図、住宅地図等)
  ・ 背景情報③(図郭情報)
  ・ 年度管理
  ・ プチレイヤー
  ・ マイレイヤー
  ・ ユーザー管理     その他

 

 sketchlayer農政

  ・ 農家基本台帳
  ・ 水田情報(インテック)
  ・ 農振情報
  ・ ため池情報
  ・ 園芸施設情報
  ・ 畜産施設情報
  ・ 違反土地利用情報  その他

 

 sketchlayer文化財

  ・ 文化財情報
  ・ 遺跡情報
  ・ 古墳情報
  ・ 石仏、石塔情報
  ・ 照会情報
  ・ 調査情報
  ・ 標識情報

 

 sketchlayer_その他1

  ・ マイファイリング
  ・ インフォメーションセレクター
  ・ シンクライアント方式のネットワーク対応
  ・ 外部システムからのインフォメーションリクエスト

 

 sketchlayer_その他2

  ・ 道路情報管理システム
  ・ 固定資産情報管理システム
  ・ 下水道情報管理システム
  ・ 上水道管理システム
  ※上記システムは今後随時リリース致します。

 

 

スケッチレイヤー_動作環境

 

 sketchlayer_spec1.gif

 ・OS : WindowsXP Pro

 ・CPU : Core2Duo以上

 ・メモリ : 2G以上

 ・HDD : 500G以上

 ・データベース : SQLServer・Access等

 ・GISエンジン : インフォマティクス SIS

 

 sketchlayer_spec2.gif

 ・OS : Windows2003 Server

 ・CPU : Core2Duo以上

 ・メモリ : 2G以上

 ・HDD : 500G以上

 ・データベース : SQLServer・Access等

 ・GISエンジン : インフォマティクス SIS

 ※ネットワーク版を利用する場合は、サーバが必要になります。

 

>>特徴へ

 

スケッチレイヤー_お問い合わせ

 

お問い合わせは、本社 第1営業部 ( TEL : 0985 - 22 - 0106  担当:岡村 )までお願い致します。